サカエヤの仕入れブログ

近江牛枝肉の仕入れ&入荷状況です。

930



出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雄
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
北湖2-第6栄-第2安鶴土井
個体識別番号:1246240014

1214


出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雄
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
南部藤-照長土井-第2安鶴土井
個体識別番号:1246240052

木下さんの枝肉を落札しました。

木下さんといえば、繁殖一貫で生まれも育ちも滋賀県産の近江牛を出荷されているのですが、繁殖一貫について半年間に渡ってBBCびわ湖放送「びわカン」で取り上げていただいた模様を下記でご覧いただけます。


第31回近江牛販売会

一時のことを思えば、落ち着いた値ではあるが、県外と比較すると近江牛の相場は高い。農家の方々にとっては厳しいかも知れないが、格付け優位が続く限りはそれなりに仕上げなければ値がつかないということだ。格付けは「ものさし」であって味はまた別物と考えると(実際そうなのだが)しっかりした目利きと経験値がモノを言う。


出荷者:後藤喜与一
近江八幡市大中町
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
藤平茂-照長土井-菊照土井
個体識別番号:1246433133

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雄
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安茂勝-照俊土井-菊照土井
個体識別番号:1245992976

43c43843.jpg
ここのところ安値でのセリが続いています。
購買者にとってはありがたいが生産農家には厳しく辛いところである。
仕上がりと価格はそんなにかけ離れた感じではないが、A5のBMS12でさえ値がつかない現実は、脱霜降りの兆候なのかも知れない。

それと枝重で600kgを超えるものが目立つ。600kg超えの枝肉は、どんなに優れた内容でも買い手は敬遠してしまう。そのあたりも考えて肥育してほしいものだ。

以下、3頭を購入

出荷者:神戸畜産
蒲生郡日野町北畑
性別:雌
素牛の導入元:鹿児島県
金幸-平茂勝-但馬福
個体識別番号:0243081705

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雄
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安茂勝-谷美土井-第2安鶴土井
個体識別番号:1245992945

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
北国茂-鶴長土井-菊照土井
個体識別番号:1245992914



89


お盆前のセリということで25頭の出品だったが、落ち着いた価格での購買だった。木下さんの2頭を落札。

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雄
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
茂花国-谷美土井-第2安鶴土井
個体識別番号:1245992808


出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
南部藤-照長土井-菊照土井
個体識別番号:1245992808

積み込み

セリ終了後、小割りだけしてトラックに積み込み店舗の冷蔵庫へ運びます。

本日のセリでは、木下さんの枝肉2頭、後藤さんの枝肉1頭を落札。
暑すぎるためスライス物の動きが鈍く、ちょうど焼肉用にピッタリの小ぶりの枝肉でした。

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
茂花国-第2鶴雪土井-照長土井
個体識別番号:1245992846


出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
北国茂-照長土井-菊安土井
個体識別番号:1245992860




出荷者:後藤喜代一
近江八幡市大中町
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
藤平茂(事業団)-照長土井-菊森土井
個体識別番号:1246433126

セリ前


45頭の出品からなる共進会でした。
全体的に仕上がりが良いが大きすぎるのが難点。
枝重を500kgまでに絞って樋廻さんの枝肉を購買。
格付けも落札価格も良かったが納得の1頭である。

出荷者:樋廻哲也
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
北国2-糸北富士-糸福栄
個体識別番号:1246410202



第20回近江牛生産枝肉


繁殖一貫農家さんが育成した近江牛だけの共励会でした。
出品の枝肉は全体的に仕上がりも良く、価格も全国平均より
かなり高値で取引されました。

それにしても「近江牛は高い」を実感するセリでした。
高くても売値は同じなので小売店は辛いところです。


出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
茂花国-照長土井-菊森土井
個体識別番号:1245992907



出荷者:後藤喜雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
花平桜-照長土井-谷福土井
個体識別番号:1246433065

0832910331


蒲生郡安土町と近江八幡市との合併を記念した共進会。
雌17頭、去勢23頭、合計40頭からなるセリが盛大に開催され
当店も優秀賞の1頭を落札することができた。

全体的に枝重が500kg前後のものが多く、
なかには600kg超えもあり、ここまで大きいと
当店では扱いにくいことから今回初めて近江牧場さんの
枝肉を購入させていただいた。

出荷者:近江牧場
近江八幡市安土町大中
性別:雌
素牛の導入元:宮崎県
忠富士-安平-隆桜
個体識別番号:0832910331

優等

morisan


通常のセリにしては出品が多かったが飛びぬけた枝肉がなかったため
そのなかでも目利きして選んだのが森さんの1頭。
前を落としてみたところ予想以上にすばらしい内容だった。
木下さんの2頭も落札。こちらは新しい種の調査対象牛のためしっかり味見して
今後につなげていきたい。

出荷者:森義久
東近江市市辺
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安隼-高栄-谷福土井
個体識別番号:1246418390

----------------------------
肉用牛産肉能力平準化促進事業
平成19年度現場後代検定
前期調整交配 調査牛
----------------------------
出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
雪平-北国7の8-照長土井
個体識別番号:1245992891

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
雪平-北国7の8-照長土井
個体識別番号:1245992884

木下牧場のレポート↓

販売会

32頭による近江牛販売会でした。
内容的には、可もなく不可もなくといった感じでセリ価格も安定した値でした。
格付け等級的には物足らない販売会だったが、中身はまずまずといった枝肉が多く
当店は、橋場さんの1頭を買い付けた。

出荷者:橋場芳明
近江八幡市安土町大中
性別:去勢
素牛の導入元:福島県
安茂勝-安平-隆桜
個体識別番号:1238467153


↓橋場牧場

セリ前


28頭の出品からなるセリでした。
GW直前ということもあり若干の高値で終わりました。
ええもんは高い。って感じでしょうか。
当店は八田さんと澤井さんの2頭を落札。

出荷者:八田仁左衛門
近江八幡市大中
性別:去勢
素牛の導入元:宮崎県
福之国-福桜-安平
個体識別番号:0832915770

↓八田牧場さん


出荷者:澤井隆男
蒲生郡竜王町
性別:去勢
素牛の導入元:宮崎県
福之国-安平-隆桜
個体識別番号:0242728557

↓澤井牧場さん

fuzi

今日は、近江牛販売会で52頭の出品だったが、A5の発生率が低くかった。
これは子牛の導入時期に関係しているのか、毎年この時期の販売会は評価が低いように思われる。

セリ前にいくつか候補をあげていたが、結局おめあたの枝肉1頭を落札するにとどまった。

出荷者:藤井徳夫
近江八幡市安土町大中
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
美津金-糸北富士-照長土井
個体識別番号:1246273218

1214



本日のセリは16頭。
枝肉も価格も平均的なもので落ち着きました。
澤井牧場さんの1頭を購買。

出荷者:澤井牧場
蒲生郡竜王町
性別:去勢
素牛の導入元:熊本県
勝忠平-福栄-北国7の8
個体識別番号:0203546213

1241544650













木下牧場出荷の2頭を落札
価格的には落ち着いたセリではあったが、
枝肉の中身とのバランスを考えればこれぐらいだろう。
子牛を導入している農家さんには厳しい時代に突入した
のかも知れない。

子牛代が50〜60万、出荷までにかかる飼料が約5.4トン
30ヶ月かけて育ててもいまの相場では原価を割ってしまうだろう。

愛情もって育てればおのずと結果がついてくる。
こう信じて日々の肥育に取り組んでいただきたい。

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
北湖2-北国7の8-谷福土井
個体識別番号:1241544698
動画(→クリック

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
藤平茂-第2安鶴土井-美菊土井
個体識別番号:1241544650

308


今日は共励会前ということもあり、落ち着いた価格でのセリかと思ったが、それなりの落札価格だった。
出品は10頭と少なかったが、気にいったのが1頭しかなく、しかもセリ順が最後のほうだったこともあり、高くても落札しなければならなかった。
想定ラインより高値だったが枝重も478kgと使いやすそうなので良しとしよう。

出荷者:澤井牧場
蒲生郡竜王町
性別:去勢
素牛の導入元:宮崎県
勝平正-安平-糸秀
個体識別番号:0833063982

井ノ口











今日のセリはたったの7頭。
これでも普通なんです。
7頭をよってたかって競るわけですから、そら不景気で肉が売れん言うてもそこそこ高値でなるわけです。

さて、今日の7頭のなかで特筆した枝肉は2頭だけ。
その2頭を落札。(写真は井ノ口さんの枝肉)

出荷者:井ノ口幸太郎
東近江市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:熊本県
茂勝栄-安平-平茂勝
個体識別番号:0203547562

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安茂勝-北国7の8-第2安鶴土井
個体識別番号:1241544612

sawai











新しい年になってから相場が若干下がり気味ではあるが、
本日のセリも落札価格は落ち着いた感じだった。
まぁ、いままでが異常でこれぐらいが妥当だと思う。

15頭の出品で澤井さんの枝肉を落札。
格付けはA4-bms5だがもうちょっと評価が上のような気がしないでもない。

出荷者:澤井牧場
蒲生郡竜王町
性別:去勢
素牛の導入元:宮崎県
糸茂勝-福之国-安平
個体識別番号:0832904187


13時からはじまる近江牛枝肉のセリの様子です。

今日のセリを入れて、今年のセリはあと2回。
年末商戦へ向けて、手当てに追われていますが、なんとか思い通りの近江牛を確保することができました。今年は昨年以上にたくさんのご注文をいただいておりますので、あとは、切って切って切りまくるだけです。

さて、今日のセリは共進会などに出品する枝肉とは異なり、通常セリということで格付けもA5が1頭であとはA4やA3といったところです。農家さんは飼育するうえで、すべての牛をA5に仕上がることに尽力をつくしますが、それゆえに結果に一喜一憂します。

しかしながら、私はそれほど格付けにとらわれていません。もちろん目利きするときの基準にはしていますが、最終的には経験と知識、勘で購買につなげています。

卸屋さんは、A5を安く落札できれば利益につながるでしょうが、私のような小売販売の場合は、A5だからといって売価を変えるわけには行きません。もちろん格付けにこだわった売り方もしていませんし、「当店はA5等級しか販売していません」といったようなことをウリにするつもりもありません。

誤解を恐れず言ってしまえば、格付けなんてしょせん人間がやってることであり、格付けする人によって基準にバラつきがあるのも事実です。それよりもだれが育てた牛なのかを重要視したいです。雌牛がいくら融点が低いからといっても500gも600g食べられません。もちろん個人差はありますが、それよりも去勢でも感動するほどおいしい肉もありますし、提案の仕方でもっともっと牛肉ライフが楽しめるというものです。牛の背景にあるストーリーを知れば知るほどそんなことを強く思います。

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
北国茂-第2安鶴土井-菊安土井
個体識別番号:1241544544

出荷者:後藤喜雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
菊平茂-北国7の8-谷本土井
個体識別番号:1241542809


NHK












松井












今日は朝からNHKの取材でした(24日7時45分放送予定の「おはよう関西」)店舗事務所でのインタビューから現場での撮影、食肉センターへ移動してセリ場の撮影、生産農家さんを代表して松井さんのインタビューと少し慌しかったです。

格付けについての特集らしいですが、松井さんのインタビューでは、生産農家はよい格付けを目指して肥育し、それが結果に結びつけば励みにもなり、購買者から高評価を受ければ、生活が潤うということを話されていました。

販売側からみると、プラス「使いやすさ」「味」という問題もあるのだが、これは好みによるところも大きい。お客様に一番近いところにいる私たちができることは、お客様からいただいた声を生産者にもフィードバックして、次の牛作りに反映させてもらうことだ。生産者は10円でも高く売りたいし、購買側は10円でも安く買いたい。価値相応の価格で売ればなんの問題もないのだが、結局安売りしていまうからどこかに負担がかかり、それがひずみとなる。「適正価格」での商売がだれも苦しまず長く続けられる関係を築けると思う。

松井さんの話にもあったが、格付けが良いからといって、それが「おいしい」とは限らない。もちろん逆もあるのだが、そのあたり格付けに関係なく、平均的にバランスのとれた味に仕上げることができればすばらしいと思う。

格付けは、人間の目での評価なので、格付け委員によってマチマチなのが正直なところである。このあたり機械で測定できればいいのだが。

さて、今年のセリも残すところ2回となりました。
今日は澤井牧場出品の1頭を落札。


出荷者:澤井牧場
蒲生郡竜王町
性別:去勢
素牛の導入元:宮崎県
福之国-安平-隆桜
個体識別番号:0240923633

1214












通常のセリでしたが、共進会より高値でした。
全体的にギフト需要が冷え込んでいるため、他の購買者は買い控えると思っていたが、みなさん強気なのでビックリ。20頭の出品中、最初からこれしかないなと思っていた1頭を落札。しかし、同じような枝肉でも雌は異常に高い。個人的な意見だが、雌だからといってそれほど値打ちがあるとは思えな。雌牛だから去勢よりおいしいともあっさりしているとも思わない。くどいものはくどい。卸屋なら別だが、小売の精肉店は雌だから値段を上げて販売するわけにはいかないので、よほどのこだわりやポリシー、なんらかの理由がない限り、種別にこだわらないほうが利口だと思う。それよりもだれが育てたかを重視したい。

落札した松井さんの牛は、枝重が545.5と大きめだが、北国7の8の系統だから少々大きめでも仕方がないところである。
肉質は、福之国の特徴でもあるコザシで、A4のBMS7の評価だったがそれ以上の評価でもいいのではないかと思うほど良い出来栄えである。

出荷者:松井信夫
蒲生郡安土町大中
性別:去勢
素牛の導入元:熊本県
糸北国-福之国-安平
個体識別番号:0241878307

1207セリ


第12回近江牛枝肉共進会は、47頭の出品で開催された。
“おうみ”和牛繁殖協議会主催ということで、滋賀県生まれ、滋賀県育ちの純血近江牛とも言うべき共進会でした。
今回は和牛繁殖協議会の女性部も5頭出品しており、優秀賞は木下その美さんの「はま号」が受賞した。

出品数は多いが、非常に的の絞りにくい枝肉ばかりで、セリ値も相場以上に高いか相場以下に安いかのどちらかで、中間層がなかった感じである。格付けの低い枝肉は値がつきにくいものもあり、このあたりは生産者の知名度によって大きく左右されていた。購買側にとっては、だれが育てた牛なのかも重要なポイントになっている。このあたりは安全性を意識しているのかも知れない。

127セリ


本日の落札結果(4頭)

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安茂勝-照長土井-第2安鶴土井
個体識別番号:11241544568

出荷者:後藤喜代一
近江八幡市大中町
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
藤平茂-幸豊土井-菊安土井
個体識別番号:1241542687

出荷者:藤井徳夫
蒲生郡安土町大中
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安茂勝-谷美土井-照長土井
個体識別番号:1241117786

出荷者:木下その美
近江八幡市大中町
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安茂勝-北国7の8-第2安鶴土井
個体識別番号:1241544490
★女性部優秀賞

優等


1241544469第11回近江牛枝肉共進会は47頭の出品でした。先に開催された近畿東海北陸連合肉牛共進会へ向けて仕上げた牛が多く、高格付けの枝肉が多かった。相変わらず枝肉重量が500kg平均と肉屋泣かせの兵揃いだった。600kg超えの枝肉なんて牛と言うよりまるで像のようで、サーロインなんて芯が大きすぎて、ステーキではなくスライスにしか使いようがない。血統的に大きくなる母体ではなく、大きくするために飼いこんだのであればあまり関心することではない。


出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安茂勝-照谷土井-越照波
個体識別番号:1241544469

4


去勢25頭、雌16頭、合計41頭の品評会でした。
感想はとにかくデカイ枝肉ばかりで、選ぶのが大変でした。
セリ値は全国平均からすると高値で購買者泣かせのセリでした。
昨年から「認定近江牛」が始まっていますが、格付けだけではなく、重量制限も契約に入れたほうがいいのではないかと思う。そうなると九州系はほとんどアウトで兵庫系ばかりになりセリが成立しないかも知れない。年々増体する牛を見ていると、なんだか環境破壊とシンクロしてしまう。

枝肉を目利きする基準は、サシ重視になりがちだが格付けと味は必ずしも一致しない。過去の購入履歴から勝忠平は使う側としてサシの粗さとモモ抜けに難があるが、平茂勝産子種雄牛の中でもロース、バラが良く、購入したお客様からも「おいしかった」の声をたくさんいただいていたので欠点を補うに十分であると判断。

出荷者:松井信夫
蒲生郡安土町大中
性別:去勢
素牛の導入元:熊本県
勝忠平-安平-平翔
個体識別番号:0828902258

第26回近江牛枝肉販売会出品40頭の近江牛枝肉販売会でした。格付けに関わらず生産者によって価格差があるように感じる。A5等級でもセリ価格が伸びない枝肉もあったり、近江牛ブランドではなく、生産者ブランドが少しずつ浸透しているように思う。


出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
北湖2-糸福栄-第2安鶴土井
個体識別番号:1241544513

セリ

頭数は少なく高値のセリだった。
格付けこそA4のBMS5だったが中身は7でも通るモノだった。
この肉は、11月6日〜8日に開催される【ガス展2009】において
『大鍋実演!近江牛味噌漬け丼』として無料で試食していただきます。
ただし制限アリ。

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安茂勝-菊道土井-照菊波
個体識別番号:1241544452

ガス展

第25回近江牛セリ今日の販売会は東近江市の生産者だけが出品したセリでした。32頭の出品だったが気になったのは、全体的に重量が大きすぎる点である。購買側としてはこれだけ大きかったらステーキ1枚切るにも難儀する。11月頃より近江牛認定店制度がスタートするが、A4以上で年間使用量が定められており、定期的な調査も行うという。これらは販売側に課せられた決まりごとであって、今後は生産側にも枝重400kgまでに限るなどの制約を設ける必要がある。600kg前後の枝肉はいくら格付けがよくても牛にも人間にも負担がかかり、好ましくない傾向である。

実際に、今日のセリでは最優秀賞や優秀賞を受賞した枝肉よりも、他の枝肉のほうが落札価格が高かった。格付けよりも使いやすさが重要視された今日のセリを見ていると、近江牛の目利きたちは本物揃いだと改めて感じた。

モモはいまいち微妙だが、バラ、ロースの評価が良かった田井中さんのヌキを1頭落札。北国茂は北国7の8の後継者としてバラつきがないので期待したい。

出荷者:田井中 龍亮
東近江市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
北国茂-菊安-豊久
個体識別番号:1241527677

20091001151412345_0002
全国的に見れば、和牛相場は落ち着いているもの近江牛はあいかわらず高い。A4-BMS5といたって普通の枝肉だが、自信アリの肉質である。見た目はA5にかなわないが、ぜひ食べ比べていただきたい。柔らかさだけこだわるのではなく、肉の旨味を追求していけば、こういった枝肉を使いこなすのがベストだと思う。

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:雌
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
安茂勝-北国7の8-照長土井
個体識別番号:1241544438

385澤井


販売会後のセリということもあり5頭しかなく、しかも高値だった。
全国相場より2割程度高く、質と価格のバランスが悪すぎる。
運よく狙い通りの1頭買い付けることができた。

キノシタ盆明けということもあり、出荷数もすくなく9頭でのセリでした。相場的には若干安くなってきた感じです。それでもセリなので購買者の好みが一致する枝肉はどうしても高くなります。生産者によっても価格差があり、そのあたりは生産者ブランドなのかも知れない。

出荷者:木下幸雄
近江八幡市大中町
性別:去勢
素牛の導入元:滋賀県(自家繁殖)
茂勝栄-谷美土井-第2安鶴土井
個体識別番号:1241544377

落札した枝肉は、その日のうちに持ち帰る場合と食肉センターで加工してもらう場合があります。業務用卸の場合はほとんど食肉センターで加工してもらうのだが、加工後は弊社の大型冷蔵庫に一旦搬入されます。出荷日前日に小型の冷蔵庫へ移動させ、あとは運送屋さん待ちです。まるで娘を嫁にだす気分です。





<a href="http://www.linkedtube.com/nAGa9FSx6hg46bef537c5f2a6d8d3d8cfda3dbeaf5d.htm">LinkedTube</a>

このページのトップヘ